婚約指輪が必要かどうかをひとりで判断しないこと

結婚に必要な指輪はみっつあるといえども

結婚において必要な指輪はみっつあると言われています。まず、結婚指輪。こちらは夫婦ペアでするのが一般的であるため、結婚指輪を用意するということはすなわちふたつの指輪が必要になることを意味しています。それから、婚約指輪。こちらは男性から女性へ贈られるのが一般的です。特に、プロポーズの際に贈ることが多い指輪です。いずれの指輪も、必要とは言いましたが、絶対に用意するべき物かと言うと実はそうではありません。結婚指輪にしても婚約指輪にしても、金属アレルギーや職業上つけていられないといった理由で用意しないケースもあります。逆に、身に付けられないけれども用意はして普段は保管しているというケースもあります。では、身に付けられないこれといった理由がない場合に婚約指輪は必要なのかどうかを考えてみます。

サプライズよりも話し合うほうが吉と出る婚約指輪

結婚指輪は用意することがすんなり決まることが多い一方、必要か不必要かとの意見が分かれるのが婚約指輪です。男性がプロポーズに間に合わせるために一方的に選んだ指輪は相手の女性の好みの範疇とは限らず、一緒に選べないならいらないという意見は確かに一理あります。また、指輪よりも時計など他の装飾品が良いという意見や、高価な指輪を贈られるよりもその金額相当の豪華な旅行をふたりで楽しみたいという意見にも頷けるものはあります。しかしながら、ふたりで話し合って不要と判断するならまだしも、男性側が不要と判断して贈らずにいると女性の中にわだかまりが残ると言っても過言ではないのが婚約指輪なのです。贈られれば嬉しいのが女性心理ですから。指輪を差し出して結婚してくださいとサプライズでプロポーズしたいお気持ちはとてもよくわかるのですが、結婚にまつわる指輪は必ずふたりで選ぶというアドバイスを送らずにはいられません。

婚約指輪を表参道でお探しの方におすすめなのが「マリアージュ表参道店」です。駅からのアクセスもよく、素敵な指輪が豊富にそろっています。来店予約をしていくものおすすめです。